脊柱管狭窄症とヘルニアの両方を診断されたあなたへ

脊柱管狭窄症とヘルニアの両方を診断される・・・

患者さんにとっては混乱しかないですよね。

でも病院ではこのようなことが当たり前のように行われている・・

確かに脊柱管狭窄症とヘルニアの両方があることってあると思います。

でも患者さんが知りたいことって「何が原因なの?」「じゃあどういう治療したらいいの?」

だと思うんですよね。

これに答えている病院が限りなく多いと感じています。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症には、3つのタイプがあります。

 

1 神経根型(しんけいこんがた)

「脊柱管狭窄症 神経根型」の画像検索結果
背骨を通り腰部、臀部から下肢につながる神経の根元(神経根)が圧迫されてしまうものをいいます。

圧迫されている側の足、つまり片足だけにしびれや痛みが出ることが多いです。

 

2 馬尾型(ばびがた)

「馬尾神経」の画像検索結果「脊柱管狭窄症 混合型」の画像検索結果
脊柱管の中を通る脊髄神経は第1腰椎あたりから馬の尻尾のように、何本にも分かれています。

このタイプは脊柱管の中を通る馬尾神経が圧迫されて痛みやしびれが起こります。

両側にと強いしびれが出ることが多いです。

馬尾型が進行すると、腸や膀胱の働きに関係する神経が圧迫され、排尿・排便障害などを伴うこともあるので注意が必要です。

 

3 上の二つを併せた混合型

「脊柱管狭窄症 混合型」の画像検索結果
神経根と馬尾神経、両方の神経が圧迫されるのがこのタイプになります。

 

また、脊柱管狭窄症は症状の出る部位によって、

「頸部(頚部)脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」という2つの分類をすることもできます。

ではそれぞれどのような症状が出るのでしょうか?

 

脊柱管狭窄症の症状

1 頸部(頚部)脊柱管狭窄症の症状

・上肢(腕から手指にかけて)に、強い痛みやしびれがある

・腕が重くだるい、あるいは手指に力が入らず、思うように動かせない

 

2 腰部脊柱管狭窄症の症状 

・腰が重い、痛い

・足の痛みやしびれがある

・間欠性跛行(かんけつせいはこう)

数分から数十分歩くと腰から足にかけて痛みやしびれがあり、少し座って休むと軽減する。

前屈みになると痛みが和らぐことが多いのが特徴です。

椎間板ヘルニアとは?

ヘルニアという言葉は「飛び出す」という意味があります。

椎間板というのは軟骨で、腰椎と腰椎を繋ぐクッションのようなものです。

つまり椎間板ヘルニアとは、「椎間板(軟骨)が飛び出している状態」といえますよね。

「椎間板ヘルニア」の画像検索結果

 

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの典型的な症状は「痛み」と「しびれ」です。どこに痛みやしびれが出現するかは、脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが起こっているのかによって違います。頸椎椎間板ヘルニアの場合は、首や肩の痛み、腕~手の痛みやしびれといった症状が現れます。胸椎椎間板ヘルニアは頸椎や腰椎に比べ頻度が少ないですが、下肢のしびれや脱力感で気がつくことが多いです。腰椎椎間板ヘルニアが最も起こりやすく、腰やおしり、下肢にかけて痛みが発生し(坐骨神経痛)、しびれも生じます。

ヘルニアの代表的な症状に「坐骨神経痛」があります。坐骨神経痛とは「坐骨神経領域に痛み、または痺れが起こる症状」とされます。ここで大切なことは、あくまでも症状(結果)であって、診断名(原因)ではないということです。まず、坐骨神経の概要を説明します。坐骨神経は腰仙骨神経叢から始まり、足までを支配している大きな神経です。ほとんどの方は坐骨神経は1つだと思っていますが、厳密に言うと1つではありません。坐骨神経(お尻~太もも)・・・総腓骨神経(膝~すね)

   ・・・浅腓骨神経

   ・・・深腓骨神経 

・・・脛骨神経(膝~ふくらはぎ)

「坐骨神経 脛骨神経」の画像検索結果

このように坐骨神経は2つに枝分かれしているのです。

ただ、臨床の現場で患者さんに説明するときには総称である「坐骨神経」という言葉を使っています。

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は腰痛や足(下肢)の痛み・しびれ(坐骨神経痛)です。ぎっくり腰のような痛みが数日続きます。さらにその後、片側の足に激しい痛みが生じるようになります。痛みは大変強烈で、身体を動かしたときに強く感じます。また、咳(せき)やくしゃみで発症したり、悪化する場合があります。人によっては、満足に動けなかったり、眠れないほどの痛みが生じることもあります。

下肢痛やしびれは主に片側だけにみられますが、ヘルニアが大きくなると両側に症状が出ることもあります。痛みやしびれ以外に筋肉の麻痺により、足を持ち上げにくい、歩きづらい、スリッパが脱げてしまうなどの症状が出たり、足の感覚が鈍くなったりします。さらに重症になると、排尿排便障害を生じることもあります。

 

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の本当の原因

 

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の原因は基本的に同じです。腰、背骨に負担がかかっていることです。日常生活の動作が引き金になる場合も、背骨に負担がかかっている状態だからこそ。正しい姿勢を意識しながら、背骨に負担をかけない日常生活など、普段の生活で原因を取り除いていくことが大切です。

ここが非常に大切なのですが、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症は突然起こるものではありません。

椎間板ヘルニアとは椎間板が飛び出している状態です。脊柱管狭窄症は腰に負担が掛かり続けた結果、神経の通る脊柱管が狭くなった状態。つまり、腰にストレスや負担が日常的に掛かっていた可能性が非常に高いのです。

無意識に腰に負担の掛かる姿勢や動作をしていると、日に日に腰の負担は蓄積していきます。

そしてとうとう我慢できなくなってしまい、痛みとして爆発してしまうのです。

この時、ほとんどの方は何かしらの前兆サインがあります。なんか腰が重いとか、いつもと違うとか。

 

現在、脊柱管狭窄症でお悩みのあなたへ

船橋市や習志野市ではまだまだ脊柱管狭窄症の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、歩くとすぐに腰から足が痛くなる、5分以上歩けない、腰を後ろに反ると痛いといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

 

「このままで良いわけがない」

もしも、あなたが

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう・・」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…

そんな時こそ、なかしま拓郎整体院にお越しください。
あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

なかしま拓郎整体院は地域で唯一痛みの原因を明らかにする評価法」のスキルを持っています。
私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

なかしま拓郎整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

 

一緒に痛みのない生活を手に入れましょう!

こちらをクリックしてください

脊柱管狭窄症を根本から改善できる整体院

 

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症に関する正しい情報を手に入れませんか?

こちらから友達登録をお願いします!

友だち追加

↓↓↓LINE@からのご予約で初回特別価格↓↓↓
LINE@からの予約で4,480円!

友だち追加

【膝の痛み・ヘルニア・坐骨神経痛】でお悩みなら
今すぐ、なかしま拓郎整体院にお電話ください。
あなたもなかしま拓郎整体院で快適な生活を取り戻しませんか?

毎月人数限定キャンペーン実施中!!

私は船橋市、習志野市にあるどの整形外科、整骨院、鍼灸、マッサージ、整体よりも、あなたの「悩み」に向き合い、痛みを改善することを目標に全力で施術することをお約束いたします。

今すぐお問い合わせください!

*施術中は電話に出られないことがあります。
必ずこちらから折り返しのお電話をしますので、留守番電話に【お名前・電話番号・お悩みの症状】を入れてい頂くようお願い致します。

メール予約は24時間受付!

↓↓↓さらに、LINE@からのご予約で↓↓↓
LINEからの予約で初回特別割引4,480円

メールお問い合わせはこちら

住所千葉県船橋市前原西2-22-12 ロッソパスタビル102

アクセスJR総武線津田沼駅徒歩5分・新京成線新津田沼駅徒歩5分

営業時間月~日 10時~21時

定休日不定休

症状別メニュー

  1. 膝の痛みでお悩みの方はこちら
  2. ヘルニアでお悩みの方はこちら
  3. 坐骨神経痛でお悩みの方はこちら
  4. 脊柱管狭窄症でお悩みの方はこちら
  5. 腰痛でお悩みの方はこちら
  1. ご予約・お問い合わせはお気軽に
  2. 患者様の声
  3. よくある質問
  4. 院長ブログ

サイトメニュー

  1. トップページ
  2. 初めての方へ
  3. 院長プロフィール
  4. 失敗しない治療院選び7つのポイント
  5. 施術の流れ
  6. 施術料金
  7. 地図・行き方
  8. ご予約・お問い合わせ
  9. よくある質問
  10. 患者様の声
  11. サイトマップ
  12. 院長ブログ

INFORMATION

営業時間
月~日 10時~21時
定休日
不定休
所在地
千葉県船橋市前原西2-22-12 ロッソパスタビル102
JR総武線津田沼駅徒歩5分・新京成線新津田沼駅徒歩5分
電話番号
047-406-4960
代表者
中島 拓郎

pafetop