【足が痛くて歩けない】あなたへ

【歩く】ことって普段は自然にやっていますが、痛みがあると歩くことが難しくなりますよね。

・歩き始めると足が痛い

・お尻から足が痛くて5分も歩けない

・椅子に座ると痛みが和らぐ

こんなお悩みありませんか?

あなたはもしかしたら【脊柱管狭窄症】かもしれません。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症には、3つのタイプがあります。

 

1 神経根型(しんけいこんがた)

「脊柱管狭窄症 神経根型」の画像検索結果
背骨を通り腰部、臀部から下肢につながる神経の根元(神経根)が圧迫されてしまうものをいいます。

圧迫されている側の足、つまり片足だけにしびれや痛みが出ることが多いです。

 

2 馬尾型(ばびがた)

「馬尾神経」の画像検索結果「脊柱管狭窄症 混合型」の画像検索結果
脊柱管の中を通る脊髄神経は第1腰椎あたりから馬の尻尾のように、何本にも分かれています。

このタイプは脊柱管の中を通る馬尾神経が圧迫されて痛みやしびれが起こります。

両側にと強いしびれが出ることが多いです。

馬尾型が進行すると、腸や膀胱の働きに関係する神経が圧迫され、排尿・排便障害などを伴うこともあるので注意が必要です。

 

3 上の二つを併せた混合型

「脊柱管狭窄症 混合型」の画像検索結果
神経根と馬尾神経、両方の神経が圧迫されるのがこのタイプになります。

 

また、脊柱管狭窄症は症状の出る部位によって、

「頸部(頚部)脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」という2つの分類をすることもできます。

ではそれぞれどのような症状が出るのでしょうか?

 

脊柱管狭窄症の症状

1 頸部(頚部)脊柱管狭窄症の症状

・上肢(腕から手指にかけて)に、強い痛みやしびれがある

・腕が重くだるい、あるいは手指に力が入らず、思うように動かせない

 

2 腰部脊柱管狭窄症の症状 

・腰が重い、痛い

・足の痛みやしびれがある

・間欠性跛行(かんけつせいはこう)

数分から数十分歩くと腰から足にかけて痛みやしびれがあり、少し座って休むと軽減する。

前屈みになると痛みが和らぐことが多いのが特徴です。

 

脊柱管狭窄症の治療法

1 病院

◇薬物療法
直接患部に貼ったり塗ったりするものや飲む薬など、方法はさまざまです。

一般的には、鎮痛剤を使用しますが、状態により、血液の循環を良くする薬なども使われます。

薬による治療は対処療法なので、根本的な治療ではありませんが、痛みを和らげるには効果的です。

◇理学療法
温熱や電気などを使用し、患部を温めることで痛みを軽減する方法をはじめ、腰を引っ張って腰椎を調整する方法などもあります。
これ自体は対処療法であり、体操やストレッチなどを合わせて継続的に行っていくことが効果的です。

◇神経ブロック注射
患部あたりの神経に直接麻酔を打つことで、痛みを和らげる方法です。この方法は、血流を良くする効果もあり、継続的に行う必要があります。鎮痛剤と同じく、対症療法なので痛みが再発する可能性が高いです。

◇手術
上記の方法で改善されない場合、手術という選択肢も出てきます。
費用や身体的負担を考えると、最終手段とも言えますが、どのような手術方法があるのか、手術後の過ごし方などについて知っておくと良いでしょう。

脊柱管狭窄症の手術が必要なケースとは

腰部脊柱管狭窄症では、患者さんの約70%は、3~6カ月間の保存療法(手術以外の治療法)を行うことで、症状が軽減します。ただ、次のような場合には、手術を検討したほうがいいかもしれません。

①強いマヒや膀胱・直腸の障害(失禁など)がある
②強い痛みやしびれのために日常生活にも支障をきたす
③短時間しか歩けない
④保存療法で約6カ月たっても症状に変化がない、または悪化する

ただし、手術をしても必ず症状が改善するわけではありません。

『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン』によると、手術によって間欠性跛行の改善は期待できるものの、約8割もの人で下肢(足)にしびれが残るとされています。
また、手術を受けていったんは症状がよくなっても、その後、再発する例も多く見られます。実際、手術を行えば術後4~5年は7~8割の人が良好な状態を保てるものの、
それ以上長期に及ぶと手術による効果が低下するということが、先の『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン』でも報告されています。 このほか、手術では一定の確率で合併症が起こりうることも忘れてはいけません。
こうしたことから、手術を受けるかどうかの判断は慎重に行うべきです。

手術を受ける長所と短所

●長所
狭くなった脊柱管を物理的に広げて神経の圧迫を取り除くので、根本的な治療になりえる。そのため、一般的な保存療法では改善が見込めない馬尾神経の圧迫も除ける。

●短所
約8割の人で下肢にしびれが残るとの報告があり、再発例も多い。また、一定の確率で合併症も起こる。 椎間板や靭帯といった軟らかい組織の変形や、動かせる骨と骨のズレが狭窄の原因であれば、手術をしなくても民間療法の整体や鍼灸で神経の圧迫を改善させることが十分に可能。

 

脊柱管狭窄症の手術に伴うリスク

1 死亡

最悪のリスクは死亡することです。脊柱管狭窄症の手術は全身麻酔で行うので、麻酔が覚めずに死亡することがあります。

脊柱管狭窄症を手術するときに腹部大動脈を傷付けてしまい、出血多量で死亡する事故が発生しています。

最後ですが、肥満、高血圧、心臓の悪い方などは、手術後に血栓ができている事があります。この血栓が肺や脳に流れて血管の毛細血管で詰まってしまい、最悪の場合死亡することもあります。

 

2 下半身不随

脊柱管狭窄症の手術の際に誤って神経や脊髄を傷付けてしまうと、下半身不随や排尿排便障害、性機能低下などの症状が現れます。

 

3 症状悪化、再発

脊柱管狭窄症の手術をしたとしても、必ず治るわけではありません。むしろさらに痛みが強くなったりすることもあります。手術で身体にメスを入れたのに痛みが強くなることがあるのです。あとは、手術後は痛みが軽くなったが、しばらくするとまた同じように痛みが出る。これは頻度の高いリスクです。

 

脊柱管狭窄症が治らない理由

・脊柱管狭窄症と診断され手術をしたけど、また痛みが再発してしまった

・病院で痛み止めや注射、牽引をしているがなかなか良くならない

・整骨院で電気とマッサージをしているが、全く痛みが変わらない

なぜ手術をしても、病院や整骨院で1年以上治療しても脊柱管狭窄症は治らないのでしょうか?

 

1 原因が見えていない

家を建てるのには、緻密な設計図が必要です。さらに、いい家を立て住みやすい家として作ってもらおうと思うなら、大工さんの家に対する知識と深い経験が必要だということはわかりますよね。
なんとなく、設計図もなくカンを頼りにつくる家を立てられることはありません。

人間の体においては、家とは違い、完璧に出来ている状態で私たちは日々暮らしています。しかし、さまざまな理由で『完璧』ではなくなります。当たり前に『歩く』『座る』『立つ』こういったことが知らないあいだにできなくなっているのです。
その理由自体が原因なのですが、さまざまな理由は、悪くなる順番や、経過した年数が違うと対応がすべて変わってきます。それに加えて、脊柱管狭窄症の場合は、『症状がよくなっていくのを感じられにくい』という特徴があるために、対症療法に頼りがちになり、日常生活の中に大きな原因があるにも関わらず、その原因を取り払おうとせず、大きな問題である日常生活での悪習慣をそのまま放置してしまうことが一番の問題です。

ではなぜ、『症状がよくなって行くのを感じられにくい』のかというと、いくつかの要素が関係してくるからです。

 

①脊柱管内部の変性・肥厚がすぐには変わらないから

これは、狭くなっている脊柱管内に対して、繰り返しの力が加わり続けたことによる変化によって、鍾乳洞形成のような時間のかかった変化をしていくからです。

悪くなるのに時間がかかったものは、ヒトの持つ治癒力によって、本来の身体の使い方をし続けているとその脊柱管内を狭くしているものを「必要ない物」と捉えます。

そしてこの組織を吸収していく時間をとることが出来れば自然となくなっていくと考えられます。

しかしその時間には、本来の背骨の持つ動きの『曲がる・伸ばす・ひねる』という、それぞれのいい動きが取り戻されて、回復出来る環境が整っていくと、1ヶ月~3ヶ月程度で再構築されていくと考えられるので、動作の回復からそのくらいの時間が必要になります。

 

②最低3ヶ月からかかる……その日数が我慢できない

上記したように、回復には2つの段階をたどる必要があります。

(1)動作回復期

(2)組織リモデリング期(再構築)

この2段階目までが経過していくまで早い方で3ヶ月ほどかかりますが、痛みに耐えられないと、3ヶ月はとても長く感じてしまうことが、リハビリに取り組む意欲をそぎ、いつまでも回復しない原因になっています。

 

③正しい回復の順序を追った施術ではない

脊柱管が狭窄してしまうと言われているこの症状は、とても技術と症例に対する知識を要する高難度の症例でもあります。

  • きちんと回復した例が少ない・皆無
  • 症状発現までのメカニズムの正確な把握がなされていない
  • 施術がとても難しい
  • 患者さんをやる気にさせるために間違った方法で悪くしてしまう(対症療法と重なる部分です)

こういった理由から、回復までの過程を感じられないばかりか、回復にさえ至らないことがあるのです。

 

2、対症療法でごまかしている

対症療法とは、『とりあえず』やっておこうという考え方です。
これとは反対の考え方としてあるのが、『根本的な解決法』ということになります。これは、脊柱管狭窄症特有の2段階回復の原因に由来する部分があります。

施術者側の考えていることとして、

  • すぐに変わらない
  • 難しいからよくわからない
  • どうよくなっていくのか読めない
  • そもそも治せる自信が無い

こういった問題が、対症療法だけ済ませてしまう原因となります。
ちなみにこの対症療法として根本的な解決とならずに、回復するためには好ましくないいくつかの方法には、

  • 飲み薬や塗り薬、湿布では動作の回復にはならない
  • マッサージでほぐし過ぎてしまうことで関節の動きを悪くしてしまう
  • 牽引してしまうことで、正常な組織・動作の回復を止めてしまう
  • コルセットをすることで、骨盤の前後方向の動作を制限してしまい、動作の回復を止めてしまう
  • ズレやゆがみを治そうと『ズレ』をとることに注力すると、関節本来のはたらきが失われるため、動作に変化が出ても回復期に正常なリモデリング(再構築)が行われなくなります

このような代表的な対症療法によってそれぞれ、根本解決とは程遠い経過をたどることとなります。

 

3、そもそも施術側の症例のメカニズムや回復のために必要な理解に乏しい

上記のように、脊柱管狭窄症の回復の過程には2段階必要です。

(1)動作の回復

(2)組織の回復と再構築

こういった理解がないばかりか、動作の回復には『正常歩行の再獲得』これが必要です。
正常な歩行の回復には膨大な知識と技術力を要するため、このことが脊柱管問題の回復のためのハードルを大きくあげています。

正常な歩行のためには、

  • 痛みの原因や治癒を邪魔しているマイナス要素の除外
  • 重力に対してのバランスを取る『骨盤』の働きの回復
  • 全身の感覚の回復

といったことが必要になります。これらはマッサージや電気療法・手術といったような対症療法とは全く異なります。

あなたはこんな風に思っていませんか?

間違い1.脊柱菅狭窄症は手術でしか治らないと思っている

脊柱菅狭窄症の患者様のほとんどの方が、この間違った認識を持っている為に、間違った治療を受けかえって悪化し続け手遅れになってしまう傾向にあります。

 

はじめにお伝えしたいのは、脊柱菅狭窄症は100%「生活習慣」が原因です。先天的に脊柱菅狭窄症を患っている方は1人もいらっしゃいません。

脊柱管狭窄症は、以下のような進行を辿り、最終的に脊柱菅狭窄症という症状にまで発展します。

 

脊柱菅狭窄症はこうやって起こる

 

日々の姿勢や骨格のアンバランスからくる腰への負担から起こる
筋筋膜性腰痛

椎間板に慢性的に負担がかかり変形や痛みが出る
椎間板症

椎間板からはみ出た髄核椎間板内の神経を圧迫しはじめる
椎間板ヘルニア

腰椎の突起がひび割れて分離する
腰椎分離症

分離した突起がズレる
腰椎すべり症

神経が通っている脊柱管が慢性的な負荷により変形する
脊柱菅狭窄症

このような進行をへて脊柱菅狭窄症に発展するのですが、根本的な要因は一番最初にある「日々の姿勢や骨格のアンバランスからくる腰への負担から起こる」という点にあります。

この「日々の姿勢や骨格のアンバランス」を、腰痛の進行状況に合わせて痛みと共に、毎日腰をかばうようになり、さらに腰の負担は高くなる、という悪循環に陥ります。

最終的には、慢性的な骨格や筋肉の負荷が蓄積し、その負荷に耐えようと脊柱管に負担が蓄積し、神経を圧迫するほどまで骨が変形するのです。

 

ですので、どの進行状態にあっても、まず1番最初に見直すべきなのは、生活習慣の見直しと、ご自身の体に対する間違った認識を正し、腰痛を発生させないような考え方に改める必要があるのです。

当院では、その場で患者様の姿勢や骨格筋などを見て、まず負担のかからない正しい姿勢や認識を持ってもらうようカウンセリングするだけで、杖無しで歩けるようになる方が半数以上いらっしゃいます。

 

手術や痛み止め、ブロック注射などは、「痛みを止める」為だけの治療です。当院では、あなたが脊柱菅狭窄症になった根本原因にアプローチしますので、根本改善へと導くことができるのです。

 

現在、脊柱管狭窄症でお悩みのあなたへ

船橋市や習志野市ではまだまだ脊柱管狭窄症の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、歩くとすぐに腰から足が痛くなる、5分以上歩けない、腰を後ろに反ると痛いといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

 

「このままで良いわけがない」

もしも、あなたが

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう・・」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…

そんな時こそ、なかしま拓郎整体院にお越しください。
あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

なかしま拓郎整体院は地域で唯一「痛みの原因を明らかにする評価法」のスキルを持っています。
私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

なかしま拓郎整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

 

一緒に痛みのない生活を手に入れませんか?

下のリンクから当院のホームページをご覧になれます

こちら⇩をクリックしてください

脊柱管狭窄症を根本から改善できる整体院

 

脊柱管狭窄症に関する正しい情報を手に入れませんか?

今ご登録して頂くと【自宅でできるセルフケア特集冊子】をプレゼントします!

こちらから友達登録をお願いします!

友だち追加

↓↓↓LINE@からのご予約で初回特別価格↓↓↓
LINE@からの予約で4,480円!

友だち追加

【膝の痛み・ヘルニア・坐骨神経痛】でお悩みなら
今すぐ、なかしま拓郎整体院にお電話ください。
あなたもなかしま拓郎整体院で快適な生活を取り戻しませんか?

毎月人数限定キャンペーン実施中!!

私は船橋市、習志野市にあるどの整形外科、整骨院、鍼灸、マッサージ、整体よりも、あなたの「悩み」に向き合い、痛みを改善することを目標に全力で施術することをお約束いたします。

今すぐお問い合わせください!

*施術中は電話に出られないことがあります。
必ずこちらから折り返しのお電話をしますので、留守番電話に【お名前・電話番号・お悩みの症状】を入れてい頂くようお願い致します。

メール予約は24時間受付!

↓↓↓さらに、LINE@からのご予約で↓↓↓
LINEからの予約で初回特別割引4,480円

メールお問い合わせはこちら

住所千葉県船橋市前原西2-22-12 ロッソパスタビル102

アクセスJR総武線津田沼駅徒歩5分・新京成線新津田沼駅徒歩5分

営業時間月~日 10時~21時

定休日不定休

症状別メニュー

  1. 膝の痛みでお悩みの方はこちら
  2. ヘルニアでお悩みの方はこちら
  3. 坐骨神経痛でお悩みの方はこちら
  4. 脊柱管狭窄症でお悩みの方はこちら
  5. 腰痛でお悩みの方はこちら
  1. ご予約・お問い合わせはお気軽に
  2. 患者様の声
  3. よくある質問
  4. 院長ブログ

サイトメニュー

  1. トップページ
  2. 初めての方へ
  3. 院長プロフィール
  4. 失敗しない治療院選び7つのポイント
  5. 施術の流れ
  6. 施術料金
  7. 地図・行き方
  8. ご予約・お問い合わせ
  9. よくある質問
  10. 患者様の声
  11. サイトマップ
  12. 院長ブログ

INFORMATION

営業時間
月~日 10時~21時
定休日
不定休
所在地
千葉県船橋市前原西2-22-12 ロッソパスタビル102
JR総武線津田沼駅徒歩5分・新京成線新津田沼駅徒歩5分
電話番号
047-406-4960
代表者
中島 拓郎

pafetop