ヘルニアの手術をして1年以内に再発したあなたへ

ヘルニアの手術をしたのに1年以内に再発してしまう方が多発しています。

なぜ再発してしまうのか?

その理由を説明する前に、ヘルニアとはどういうものなのかについて説明していきます。

腰からお尻、脚にかけてのズキっとした激痛。ヘルニアの痛みとはどんなものなのでしょうか?

ヘルニアの痛みの特徴

ヘルニアには特徴的な痛みがあります。

「脚を取ってしまいたい」

「この痛みが続くなら死にたい」

このような苦痛を伴うそうです。

具体的に言うと、

・ズキっと電気が走るような痛み

・痛みで冷や汗が出る

・自分の足じゃないような感覚

このような感覚があるようです(当院に来院されたヘルニア患者さんの声を基にしています)。

ではなぜこのような症状が出るのでしょうか?

椎間板ヘルニアって何?

腰骨は5つの腰椎と1つの仙骨、そして椎間板というクッションから出来ています。

この椎間板は丸いパンのような構造をしており、外側のパンの部分を繊維輪と言います。その中に髄核という粘性のアンコが入っています。これらの後方には脊柱管という管が腰骨の中にあって、ここを神経が通っています。このパンの部分が裂けてアンコが出っ張り、それが後ろにある神経に悪さをして痛みやしびれ、麻痺などを起こすのが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの原因

椎間板は線維輪と髄核からできていて、背骨をつないでクッションの役目を担っています。線維輪と髄核はちょうどあんぱんのようなもので、外側のパンの部分が線維輪、あんこの部分が髄核になっています。

腰椎椎間板ヘルニアは、このパンの部分である線維輪が破けて、中に入っていたあんこの部分である髄核が出っ張ってしまった状態。その後ろにある神経に当たることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

なぜ椎間板が破けてしまうかというと、主に身体の老化が挙げられます。20歳を過ぎた頃から椎間板はだんだんと弾力性を失っていき、日常生活で重いものを持ち上げたり腰をひねった時など、ちょっとした動作の衝撃や圧迫で髄核が飛びやすくなります。

椎間板ヘルニアの根本的な原因は、背骨に負担がかかっていることです。日常生活の動作が引き金になる場合も、背骨に負担がかかっている状態だからこそ。正しい姿勢を意識しながら、背骨に負担をかけない日常生活など、普段の生活で原因を取り除いていくことが大切です。

このヘルニアの激痛は手術しないと治らない?

座骨神経痛 注射

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板から髄核が突出したヘルニア塊が神経を圧迫することで症状が起こります。

このヘルニア塊はタイプにもよりますが数ヶ月で小さくなることが多く、それにつれて症状が改善するケースも少なくありません。どれくらいの割合のヘルニアが自然改善するのかはまだ明らかではありませんが、日本脊髄外科学会によれば80~85%は自然に軽快するとの報告もあります。

つまり、腰椎椎間板ヘルニアと診断されたとしても多くは自然に軽快するため、手術をしなければならないのは一部の患者さんです。保存療法を数ヶ月以上行っても顕著な改善が見られない場合や、痛み、しびれや麻痺で歩行困難となるなど生活に支障が出る場合が続いてしまっているケースで手術となります。

 

椎間板ヘルニアの意外な真実

信じられないかもしれませんが、ヘルニアの手術をしても痛みやしびれが治らない方はいます。

むしろ、多いのです。

「腰椎ヘルニア レントゲン」の画像検索結果「腰椎 レントゲン 正常」の画像検索結果

*google画像より引用

左の写真が椎間板ヘルニアの写真で、右の写真は正常な腰椎の写真です。

これを見るといかにも左の写真は痛そうに見えます。しかし、、、

この記事(驚くべきヘルニアの真実)でも書きましたが、1995年に国際腰痛学会が驚くべき研究結果を発表しました。

「腰の痛みと椎間板ヘルニアは結び付かない」

研究内容

腰痛を訴えて、椎間板ヘルニアと診断された患者46名と腰痛のない健康な46名に対して腰部のMRIを撮影し、その画像に対して2名の神経放射線医が椎間板の状態を検証した。どちらのグループも、年齢・性別・職業などは同じ条件とした。

結果

腰痛のない健康な人の76%に椎間板ヘルニアが発見された。また、腰痛のない健康な人の85%に椎間板変性が認められた。

つまり、このようなことが言えます。

腰痛の有無に関わらず「ほとんどの人はヘルニアや椎間板の変性がある」

ということは、あなたの腰痛や足のしびれの原因は、椎間板ヘルニアではない可能性があるということです。

つまり、痛みやしびれの原因がヘルニアではないのなら・・・

「手術でヘルニアを除去しても痛みやしびれは治らない」

ということです。

 

最近「ヘルニアが再発したので診てほしい」という問い合わせが増えています。

しかも、この中で【手術をしたのに再発した】という方が非常に多いんですね。

「ヘルニアの手術したのになんで再発すんの?」と思っている方も多いと思いますが、事実としてヘルニアの手術をしたら確実に治るのかというと正直そんなことはありません。

なぜヘルニアが再発するのか?

まず多くの病院で行われているヘルニア治療のウソがあることをご存知でしょうか?

ヘルニア治療のウソ その1

痛み止めや湿布をすることが【治療】だと思っている

 

ヘルニア治療のウソ その2

ブロック注射をしていればそのうち治る

 

ヘルニア治療のウソ その3

ヘルニアは手術をすれば完治する

 

ヘルニア治療のウソ その4

腹筋をすればヘルニアが改善する

 

ヘルニア治療のウソ その5

ヘルニアとは一生付き合っていかなければいけない

あなたはいくつ信じていますか?
ハッキリ言います。
「全て間違いです」

あなたのヘルニアが治らない3つの理由

ヘルニアを抱えている患者様のほぼ100%は上記のような嘘を信じてしまっています。

それはあなたのせいではありません。そのような「嘘」の情報を発信している私たち医療従事者の責任です。この情報が嘘であることをあなたに伝え、正しい治療法を世の中に広め「ヘルニアによる痛み・痺れ」からあなたを救いたい。これが私の使命です。

「なぜ」整形外科に何ヶ月も通って治ることがなかったヘルニアが、「なかしま拓郎整体院」の施術を受けていくことで改善していくのか?

それは整形外科や他の整骨院でやっていること・考えていることの「真逆」のことを行っていくからです。

これから公開する「あなたのヘルニアが改善しない」3つの理由を聞いて、あなたは驚きを隠せないでしょう。

ヘルニアが改善しない理由 その1

注射・薬はあくまでも【対症療法】

注射・薬でヘルニアが完治することはありません。完治させるためには痛みを見るのではなく「ヘルニアになってしまった原因」はいったい何なのか。これを明確にする必要があります。

 

ヘルニアが改善しない理由 その2

ヘルニアになってしまった原因が明確になっていない

ヘルニアはいきなりなるものではありません。小さな腰へのストレスの積み重ねの「結果」として起こります。つまり、大切なことはヘルニアという「結果」に着目するのではなく、ヘルニアに至るまでの「過程」をご自身で理解しなければ本当の意味での根本治療はありえないのです。

 

ヘルニアが改善しない理由 その3

自分の悪い生活習慣を変えていない

ヘルニアに限らず、症状が改善しない方の特徴として治療院に「依存」し過ぎている傾向があります。整体院で「治してもらう」のではなく、自分でも悪い生活習慣を改善して努力していく必要があります。そこまでサポートすることが私たち治療家の役割だと思っています。

 

椎間板ヘルニアの手術の再発率

おそらく手術を選択する方は「これで痛みが治る」と思って手術に踏み切ると思います。

ですが、驚くべき統計データが出ています。

椎間板ヘルニアの手術後の再発率は、5年以内に約50%が再発するという統計があります。

これをどう見るかはあなた次第ですが、私はかなり高いと思います。

 

なぜ再発したのか?

ヘルニアが再発する理由に姿勢が悪く、座り方に問題があるということが多いのをご存知でしょうか?

なぜ姿勢や座り方が悪いとヘルニアが再発してしまうのか?

背中を丸めるように座ると、上半身や頭部の重さが腰部にかかってしまいます。

こういう姿勢を続けることで腰部に負担がかかり、筋肉が緊張し痛みへとつながったと考えられます。

身体の痛みについて重要なことは、原因をみつけることで、腰痛やヘルニアの原因は日常生活の姿勢に問題があり、それが改善できていなかったから痛みが再発したといえます。

椎間板ヘルニアについては、手術が必要なこともあります。

全てが手術なしで改善するなんてことはありません。

ただひとつ言えることは、ヘルニアが再発するケースの根本的な痛みの原因は日常にあると考えられます。

そうであれば、痛みの改善はメスを入れることではなく歪みを改善するように身体調整などで整え、歪む原因である姿勢を日頃から改善することが必要なのではないでしょうか。

 

鍛えることは必要なのか?

このように考えると、一般的に言われている腹背筋を鍛えましょう。ということはどのような効果があるのでしょうか?

鍛えるのではなく緩めること

そもそも上記のように自然な状態からの崩れが原因で痛みが出るのであれば、崩れを直すことが必要となり、崩れを直すことは鍛えることなのでしょうか?そうではなく、筋肉を緩めることになります。

そう考えると、腰痛=鍛えるという発想だけでは改善は難しいです。

最も重要なことは、なぜ腰痛になっているのか、原因を探り、それを改善すること。原因によってやることは変わりますし、方法論が先行することもなくなると思います。筋力が弱くなって痛んでいるのであれば、鍛えることが必要になります。

ただ、子供に腰痛が少なくて、筋力レベルが子供より高い大人が腰痛になるのはなぜでしょうか。

まずは鍛えることは必要なのではなく、原因を明確にすることが何よりも重要です。

 

椎間板ヘルニアの予防するには

椎間板ヘルニアってどうしてなるかわかりますか?

なんらかの原因で椎間板が飛び出す方向に力が働いているんです。

だとしたら、椎間板が飛び出さないようにすればヘルニアにはなりませんよね?

その方法がこちらです。

 

ヘルニアが手術で治らない理由

それは痛みやしびれの原因がヘルニアではないからです。

もし、痛みの原因がヘルニアであれば手術をすれば治るはずですよね?

最も重要なことは、痛みの本当の原因を見つけることです。

 

現在、椎間板ヘルニアでお悩みのあなたへ

船橋市や習志野市ではまだまだヘルニアの患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

 

「このままで良いわけがない」

もしも、あなたが

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう・・」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…

そんな時こそ、なかしま拓郎整体院にお越しください。
あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

なかしま拓郎整体院で施術を受けてあなたも諦めていた快適な生活を手に入れて下さい。

 

一緒に痛みのない生活を手に入れませんか?

こちらをクリックして当院のホームページをご覧ください

椎間板ヘルニアを根本から改善できる整体院

 

椎間板ヘルニアに関する正しい情報を手に入れませんか?

今ご登録して頂くと【自宅でできるセルフケア特集冊子】をプレゼントします!

こちらから友達登録をお願いします!

友だち追加

↓↓↓LINE@からのご予約で初回特別価格↓↓↓
LINE@からの予約で4,480円!

友だち追加

【膝の痛み・ヘルニア・坐骨神経痛】でお悩みなら
今すぐ、なかしま拓郎整体院にお電話ください。
あなたもなかしま拓郎整体院で快適な生活を取り戻しませんか?

毎月人数限定キャンペーン実施中!!

私は船橋市、習志野市にあるどの整形外科、整骨院、鍼灸、マッサージ、整体よりも、あなたの「悩み」に向き合い、痛みを改善することを目標に全力で施術することをお約束いたします。

今すぐお問い合わせください!

*施術中は電話に出られないことがあります。
必ずこちらから折り返しのお電話をしますので、留守番電話に【お名前・電話番号・お悩みの症状】を入れてい頂くようお願い致します。

メール予約は24時間受付!

↓↓↓さらに、LINE@からのご予約で↓↓↓
LINEからの予約で初回特別割引4,480円

メールお問い合わせはこちら

住所千葉県船橋市前原西2-22-12 ロッソパスタビル102

アクセスJR総武線津田沼駅徒歩5分・新京成線新津田沼駅徒歩5分

営業時間月~日 10時~21時

定休日不定休

症状別メニュー

  1. 膝の痛みでお悩みの方はこちら
  2. ヘルニアでお悩みの方はこちら
  3. 坐骨神経痛でお悩みの方はこちら
  4. 脊柱管狭窄症でお悩みの方はこちら
  5. 腰痛でお悩みの方はこちら
  1. ご予約・お問い合わせはお気軽に
  2. 患者様の声
  3. よくある質問
  4. 院長ブログ

サイトメニュー

  1. トップページ
  2. 初めての方へ
  3. 院長プロフィール
  4. 失敗しない治療院選び7つのポイント
  5. 施術の流れ
  6. 施術料金
  7. 地図・行き方
  8. ご予約・お問い合わせ
  9. よくある質問
  10. 患者様の声
  11. サイトマップ
  12. 院長ブログ

INFORMATION

営業時間
月~日 10時~21時
定休日
不定休
所在地
千葉県船橋市前原西2-22-12 ロッソパスタビル102
JR総武線津田沼駅徒歩5分・新京成線新津田沼駅徒歩5分
電話番号
047-406-4960
代表者
中島 拓郎

pafetop